「エモーションフリー」の記事一覧

思い込みを外す トライアルセッション

エモーションフリー

なんで悩んでいたんだろう??? とご好評をいただいているミラクルセッション あなたの悩みや嫌な気持ちは 思い込みからきています ずっと感じている苦しみや生き辛さはありませんか 自分で自分を責め続けていませんか 苦しみや自己否定は、過去の記憶からの思い込みがあって その思い込みには嫌な感情がパターンとなっているので 人や場所が変わっても同じような問題を繰り返します

エモーションフリー無料体験モニターご感想をいただきました

エモーションフリー

モニター体験されたNさんはお父様との関係 実家のご家族とのこと そしてお子様にお悩みをお持ちでした。 お子様のことが一番気がかりということでしたが Nさんはどうなんですかとお聞きしたところ 職場での出来事などから 「自分の思っていることが言えない」 ということだったので Nさんご自身の思い込みをエモーションフリーで解放 するとお子様にも自分の思い、気持ちを言えてないこともわかったのです。

本音で生きよう、わがままは「我がまま」=思ったまま

エモーションフリー

あなたは本音で生きていますか。 もし本音を抑えている。。。と思うなら 本音は自分のわがまま=悪いことだと思っていませんか。 わがままという言葉は否定的に使われることが多いです。 「そんなにわがまま言わないの」⇒ 言ってはいけない 「あなたはわがままな人だ」⇒ 悪い人 真面目で心優しい人ほど、自分の本音は出してはいけない わがままは悪いことだから 出してはいけない、言ってはいけない そう思ってしまうのは、誰かの都合で わがまま=悪いこと だと刷り込まれてきたからです。

思い込みを外せば、問題は問題ではなくなる|エモーションフリー

エモーションフリー

問題だと思っていること あー、困った、どうしよう。。。 そう思うことは嫌な気持ちになるし、問題だと思いますね。 でも、同じことがあっても悩まない人もいるのです。 この差は、いったい何かというと 問題だと思うか、思わないか その差なんですが いままさに悩んでいる人には、何を言ってるの? になってしまいますね。 問題だと思ったり、悩んだりしてしまうのには 理由があります。 それは、内容ではありません。 物事をどう捉えているのか、その違いです。

エモーションフリーセッション

エモーションフリー

エモーションフリーはあなたの思い込みを外します。 問題だと思っていることは、あなたの物の見方、捉え方です。 違う視点からみたら、問題は問題ではなくなります。 そのために他人目線が必要になってきます。 自分と私は決してイコールではありません。 自分も他人としてみる視点が必要です。

物の見方、捉え方

エモーションフリー

私たちは自分というフィルターを通して世界を見ています。 それぞれが、それぞれのフィルターを持っているので 同じ場所にいたとしても、決してまったく同じものをみているとは限りません。   一緒に旅行に行った仲間でも、同じ場所にいても それぞれが感じるものや、目がいくところが違ったりするのも 行った場所の写真を見比べても、まったく違う景色を撮っていたりしますね。   楽しかった場面、印象に残ったこともそれぞれだったりします。   物の見方、捉え方が違うからです。

ページの先頭へ