あなたは日頃から、自分の思っていることや考えていることを

言葉や行動に素直に出すことができていますか。

 

それがなかなかできない。。。という方

 

*常に人の目が気になる

*相手の顔色ばかり伺ってしまう

*何か言われると思うと、何も言えない(行動できない)

*何か頼まれると、嫌われたくないので断れなくて引き受けてしまう

*嫌なことを言われても気にしないフリをしてしまう

*自分はそう思っていなくても、相手の意見に同意してしまう

 

これらは他人軸で生きている状態です。

他人軸とは、他人の価値観や判断を基準にしていることをいいます。

他人に合わせて自分の考えや基準を決めているので

自分のすること、言動や行動が常に他人によって振り回されてしまいます。

他人に合わせるので、自分が何を考えているのかさえわからなくなってしまいます。

 

だから、「あなたは何を考えているの?何がしたいの?」

と聞かれても答えられなかったりします。

 

自分が何を考えているのか、どう思っているのかより

他人の価値観を基準にし続けているので

自分がどうしたいのかわからなくなってしまうのです。

 

そして、他人軸でいるということは

自分の人生を他人任せにしていることになっていること

そのことに気づく必要があります。

 

他人軸で生きることに慣れていると

あなたのやりたいことや望むことがあっても

全て他人任せになってしまうということです。

 

自分の思うことが、他人の考えで左右される

決定権が自分にない状態を自分がつくっている

それでいいのでしょうか。

 

他人に考えてもらうのが楽だからというのであればいいのですが

他人に決めてもらうことが、自分にとっていいこととは限りません。

 

親の言うとおりにした方がいいというのも

いい子でいたいと思っている、嫌われたくない

それまで親のいうことを信じて疑わない、自分で考えるということをしないで

親のいうことに従って、後から後悔することも他人軸だからです。

 

それでは辛いですね。

 

逆に、自分軸で生きている人は、自分の考えを持ち

自分の本音をちゃんとわかって大事にして自分自身の人生を生きています。

確個たる軸を持っているので、他人に何かいわれようと

ちょっとやそっとのことでぶれることはありません。

 

他人を気にせず、自分軸で生きていくことが

自分軸で生きること、やりたいことをやる人生にシフトします。

 

あなたは自分軸で生きていますか。

 

自分軸で生きるためには、次回に続きます。

 

Follow me!