望む人生を創造する

望むことはゴールに設定します。
大きなものから、小さなものまですべてはゴールがあってこそ
実現されていくものです。

ゴールがはっきりしていない状態で進んでも
ふと気づくと元の位置に戻っていたり、同じところをぐるぐるしていただけ。。。
なんとなく、では人は前に進んではいけないものです。
はっきりとしたゴール、目標があるからそこに向かっていけるのです。
マラソン選手は走り出す時にゴール地点が決まっているから42.195㎞もの
あの長い道のりも走ることができるのです。

どこに行くかわからない道に迷い込んだりしたら、そこで立ち止まってしまうように
行き先がはっきりしているから、道中に何があろうと目的地に向かえるように
人が行動を起こして進んでいくためには、はっきりとした目的地=ゴールが欠かせません。

大きなゴールは最初はよくわからないかもしれませんが
仮でもいいので設定すると、ゴールのために必要なことが見えてきます。
どうやればいいのか、そのための手段や方法、段取りが必要になります。
何が必要なのかもわかってきます。

必要なことは自分が知らないことだったりもします。
やったことがないことでもあるでしょう。
いままで興味がなかったことかもしれないし
面倒くさいと思っていたことかもしれません。

でも、自分の決めたゴールに必要なことならやるしかないのです。
これが得意なこと、好きなことならなんの問題もないのですが
面倒だと思うことだったとしたら二の足を踏むかもしれませんね。

ここで大事なことは、何を優先するのかということ。
ゴールの実現か、面倒くさいと思うからやらないのか
ここが大きな分かれ目です。

その時に、ゴールの実現を真に望むなら面倒を面倒と思わずやるだけ
それが出来ないとしたら、そのゴールは本気で望んでいないのかもしれません。
もしくは、ちゃんとゴールを決めていないからかのどちらかです。

本気で望むなら、面倒を面倒と思わない。
その面倒だと思うことを楽しむ、好きになること
出来ている自分から考えてみることです。

嫌々やることは苦痛になって、やがてやらなくなる。
でも、それでは望むことが実現できない、いまのまま変わらないでいいのか
どう在りたいか、それは自分次第です。

面倒だと思っているからやらない
ちょっとやってうまくいかないからとやめてしまうから面倒、嫌なことのまま
そこを出来てる自分だったらどうだろうと想像してみる
そしてやり続けると、いままでできなかったことが
あら、できちゃった。
やっぱりね。やればできるじゃない!に変わっていきます。
やりたいと思うことだったら、出来るまでやればいいだけ

前提はできる
そう決めるのも自分です。

自分だけでわからないことは知っている人に聞けばいいのです。
メンターやコーチはこういうときに背中を押してくれる
自分が望む方向にナビゲートしてくれる存在です。
メンターやコーチを必要とされる方には
私はメンターの鈴木弘美さんにコンタクトされることを心からお勧めします。
あなたの人生が大きく変わるきっかけになるはずです。
HP:願いを叶える人間力/ブログよりやりたいことは未来からやってくる

やりたいことをやる人生
やることを辛く、苦しくする必要はないのです。
ゴールまでの道のりもやりたくてやるのだから楽しむ
その心の持ちようです。

 

Follow me!